2019-02-07

デスクトップカレンダーで時間の感覚を取り戻す

基本的に家にいるので曜日や時間の感覚が薄れがち。せめてもとデスクトップと待ち受けのカレンダーを月初に切り替えています。

壁紙と待ち受け両方欲しい

年が明けたので新しいカレンダーにしようと思い、新年早々ネットサーフィン。デスクトップカレンダーだけならいろいろあるんですが、毎月探すのも面倒なのでできればひとつのサイトで継続してDLしたい。ポイントは二つ。

  • 柄がシンプル
  • 毎月新しい柄が更新される
  • スマホ用の待ち受けがある

いろいろ統一したいタイプなのでデスクトップ用とスマホ用に同じ柄があると嬉しい。(タブレット用もあればいいけどなかなかないので、だいたいスマホ用のサイズをいじって適用させてる)

今年はシンプルなデザイン

https://blog.flipsnack.com/category/freebie/

このサイトの素晴らしいところは毎月二つの柄が出るところ。単純な好みとロック画面で時計の位置と合う柄を選べるのがとてもいいです。今月はくまとペンギン。ほっこりするデザインが気に入ってます。

去年は水彩調の花柄

https://www.mospensstudio.com/category/watercolor-wallpapers/

ちなみに去年までは花柄のカレンダーを愛用していました。とりわけ花柄が好きというわけでもないんですけど、パッと画面を開いたときに華やいで見えるのがよかったです。継続してもよかったんですが、今の気分的に柄が強すぎる感じがしたので変えました。

まとめ

正直画面で日付を確認することは全くないのであえてカレンダーにする意味はないんですが、「ひと月経ったな」と月初に気持ちを切り替えるためだけに使ってます。毎週のシフト表も毎月振り込まれる給料もないと本当に感覚が狂います。

カレンダーはもちろん気を抜くと惰性で同じものを使いがちなので、2019年は気を引き締めてなんとなく使ってるものに対しても「私これ好きか?」と定期的に問いかけたいなと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です