2019-05-05

女ミニマリストが「自分をさらけ出す12の質問」に答えてみた

自己啓発系の本は数年前にあらかた読み漁ってもはや啓発されなくなってしまったので、こういった質問に答えることで改めて自分の内面と向き合いたいと最近思っています。

1. 子供の頃、何が好きだった?

物心ついた頃から片付けが好きだった。小学校の道具箱の中をきれいに整頓したり、ランドセルにきちんとしまったり。サブバッグが嫌いでなんとか一つのカバンに収まるよう工夫していた。

漫画もずっと好きだった。妹が『あさりちゃん』を集めてたので小学校低学年の頃はよく読んでいた覚えがある。それからも少女漫画・少年漫画問わず結構集めて(私の分はほとんど売ったけど)おかげで活字を読むくせがついたのかなと思う。

2. 制限がないなら何を望む?

時間的・金銭的制限がないなら世界一周旅行をしたい。七大陸全部に行ってみたいという密かな夢があって、まだアジア・ヨーロッパ・北アメリカだけなんだけど、最近アニメの『宇宙よりも遠い場所』を見たので南極大陸にも行ってみたい。

3. 自分が一番輝いてたのはいつか?

いつも今が一番楽しいし、今が一番輝いてるって思って生きてる。

4. 人生で一番つらかったとき、どうやって立ち直った?

新卒の就活が結構しんどかった。面接の受け答えとか全然練習してなくて、でもする意味がわからなくて、そういうのやらなくても受け入れてくれる会社がいいなと思って結局大学4年の10月まで就活してた。6月ごろようやく初めて最終面接まで行って落ちたんだけど、そのとき会った外国人の言葉のおかげで立ち直れた気がする。(note:六本木のスタバでナンパしてきた外国人に救われた話

5. 知らない人が30人いる。彼らと打ち解けてく過程で、あなたは彼らに何をしてあげたいか?

質問の意図がいまいちわからない。30人のうち気の合う5人くらいと友情を深めていきたい。

6. 自分の得意なことはなにか?自分の苦手なことはなにか?

得意なことはきっちりすること。苦手なことは大雑把にすること。細かいことは得意だけど大きな枠組みを考えたり大幅な予定修正はあまり得意じゃないので、そういうのをおおらかに受け入れられる柔軟な人と相性がいい気がする。

7. 誰に手伝ってもらうといいか?

俯瞰的に物事を見て本質を見失わない人。私がわりと考えすぎて本質を見失うタイプで、例えば翻訳の通信講座を調べていたら付属のDVDを再生する機械を持っていないことに気づいて日本とカナダだと再生機の型が違うからどうやって手に入れればと悩み、そもそも翻訳がしたいのか英語を使った仕事がしたいだけなのかとか考えはじめてよくわからなくなるっていう。

そういうとき彼に相談すると「今君が優先すべきことは『英語の勉強』と『ビザ申請』だよ」とスパッとまとめてくれるのでありがたい。全くもってその通りです。

8. 死ぬとき、なにを後悔するか?

死ぬとき後悔しないように生きてるので、今思いつくのは特にないかな。「死ぬとき『やっぱり外国で暮らしてみたかった』と思いたくない」と思って留学したし、「大学のとき諦めたけどやっぱり翻訳の勉強したい」と思って来月から始めるし。もし今思いつく後悔があってもこれから潰していけば大丈夫。

9. 今、あなたが会いたい人は誰か?

日本にいる友達。

10. 人生で夢を叶えたのはいつか?

夢という夢を特に持たずに生きてきたけど「海外で暮らしたい」「スタバで働きたい」「外国人の友達や彼氏を作りたい」みたいな願いはカナダに来て全部叶った。ここ2年で生活が大きく変わったので、やりたいと思った方向に足を踏み出すとそのうちなんとなくたどり着くのかなと思う。今は翻訳の仕事に向けて歩き出したところ。

11. 人生で一番輝いた瞬間の感情は「体のどこらへんにある?どんなカタチをしてる?色は?温度は?かたさは?」

これ見たとき面白い質問だなと思った。一番輝いた瞬間っていうのがよくわからないけど、身体中全ての細胞や毛穴からブワッと感情が吹き出して涙がボロボロこぼれるほどの感動をしたことがあって、それは私の心の奥の方にある。緑がかった黄色い光で少し熱を帯びてて、普段は忘れてるけどあの光景や喧騒や高揚は一瞬で思い出せる。そういうしっかりとした固さを持って今も心の中にある。

12. 一瞬にして今の状況を変えるには、どうしたらいいか?

何かを始めてみる。資格勉強とか、習い事とか、オンラインコミュニティとか(入ったことないけど)よく「自分を変えたければ『付き合う人』『住む場所』『仕事』を変えろ」というけど、私も日本にいたときは2年ごとに住む場所を変えてた。8年東京にいて4箇所住んだ。時間やお金ををかけてもいいならそういった環境を変えると気分が変わるので状況も変えやすいと思う。

まとめ

上記の質問は「ミニマリスト女性に自分をさらけ出す13の質問 – ミニマムなライフ」を参考にさせてもらいました。(質問の数が12個しかなかったので本記事のタイトルは12の質問に勝手に変更しています)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です