2019-02-22

ダイニング&椅子の張替え|実家の片付け #1

,

ミニマリストになったきっかけは実家が汚屋敷だったのが大きいように思います。今回ようやく念願の片付け&プチリフォームができたので、全6回のシリーズでお届けします。

実家の片付けまとめ

  1. ダイニングの片付け&椅子の張替え
  2. リビング&ソファの買い替え
  3. キッチン&壁のペンキ塗り
  4. 洗面所の片付け
  5. トイレの壁紙張替え
  6. 自室の壁穴補修&天井ペンキ塗り

片付け前

この写真は約2年前のもの。食事を取るはずの机の上には物が散乱し、壁は棚と飾りで見えず、棚の上にも物が積まれ、床には散らばる新聞紙…。(犬が粗相をするので)言うまでもなくすごい惨状でした。住んでいる親は慣れたようですが、久々に帰省する身としてはあまりの散らかりようにびっくり。この惨状はさすがにどこから手をつければいいのか困りました。

片付け後

やったことは不用品の撤去、右の棚の移動、壁紙の張替えです。あと犬にしつけしたらちゃんとトイレシートの上でするようになりました。怖い姉と思われているはず。

母が隙間があると埋めたくなるタイプなので、壁紙を可愛くしたら防げるかと思い相談して一部をレンガ調に。他の白い壁紙もだいぶ傷んでいたので張替えました。すごい大変だった…。照明が白に反射するので部屋が明るくなりました!壁紙は壁紙屋本舗のレンガ柄SBB-8429と、合わせて施工道具セットも購入。

ダイニングチェアの張替え

朝起きたら母がいきなり「椅子の張替えできない?」と言い出して、調べてみたらできそうだったのでやることに。壁紙張替えたりドアの修理したりしてたので娘を内装屋か何かと勘違いしている気がする。

必要なもの

  • マイナスドライバー
  • ニッパー
  • カッター
  • マジックペン
  • ガンタッカー

おそらく25年近く使っているであろうカリモクのダイニングチェア。テーブルと合わせて買い替えも考えましたが、まだ木枠は綺麗だったので直して使うことに。

まずドライバーで座面を外します。意外とあっさり取れます。 

ひたすらマイナスドライバーとニッパーでタッカー釘を取り外し、座面から座板を取り出します。タッカー釘めちゃめちゃ固くて4脚やったら手が腱鞘炎になるかと思った。軍手必須。

綺麗に外せたら新しいウレタンと張り地の用意。ダークブラウンのレザーを購入。中のウレタンはカットしやすい2cm厚と底付き感のない3cm厚が選べました。せっかくなので3cmをチョイス。

レザーつやつやウレタンもふかふかで、椅子のへたりを改めて実感。丸二日ドライバーとニッパー握りしめてたので手がどうかなりそうでしたが、終わったあとの充実感と達成感は半端なかったです。

まとめ

ちなみにガンタッカーはネットで調べたらそこそこ値段するのもあるみたいですが、ダイソーの300円ので十分でした。あまりに疲れたので労力考えると金払ってプロにやってもらってもいいような気もしましたが、自分でやると四脚一万かからないくらいなので時間とパワーがあれば椅子の張り替えおすすめです。食卓がパリッとします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です