2019-05-24

永住権取得に必要な書類の集め方|コモンロー申請 #2

2019年8月の申請を目指してるコモンロー、そろそろ動き出さないとまずいので重い腰を上げて必要な書類を各種集めてきました。なるべく安く少ない労力でをキーワードに頑張ってます。

必要書類

永住権取得に必要な書類は、前回触れたように以下のとおり。順番と番号はカナダ移民局のチェックリストに沿ってます。

※戸籍謄本 / 改正原戸籍謄本
1. パスポートのコピー / ビザのコピー / 出生証明
4. 警察証明
5. 証明写真2枚
6. 健康診断(書類審査完了後)
7. スポンサーとの関係証明
 a) 連名の賃貸契約書 / 連名の公共料金明細 / 同じ住所が印刷された請求書
 c) 二人の関係を証明する写真(最大20枚)/ お互いの経済的援助の記録 / 二人の関係を証明する家族や友人からの手紙

戸籍謄本・改正原戸籍謄本

移民局のページ参照

謄本関係は日本に一時帰国中、本籍地の市役所で発行してきました。永住権申請には戸籍謄本・改正原戸籍のコピーと公証付きの翻訳が必要です。特に「発行から何ヶ月以内」のような記載はないので、去年の夏に発行したものでも問題ないと信じたいところ。

翻訳は『格安翻訳のトランスゲート』さんにお願いしました。評判通り対応も素早く丁寧でよかったです。各種翻訳と証明書合わせて12,000円でした。

出生証明

出生証明は日本領事館に申請に行きます。申請には発行から6ヶ月以内の戸籍謄(抄)本、パスポート、ビザが必要です。永住権申請用に戸籍謄本を取っていたので、パスポートの更新と合わせて使えると思ったら「発行から6ヶ月以内」のトラップにかかり撃沈。日本から再度取り寄せました。

受け取りには1週間程度かかり、手数料は14ドルですが、キャッシュレス大国カナダでまさかのキャッシュオンリー&釣り銭なしです。さすが日本。

警察証明

出生証明と合わせて警察証明用の申請書類も貰いました。領事館で払う手数料は無料ですが、指紋採取にいくらかかかります。バンクーバーの最寄りの警察署に行ってる人が多いようですが、正しく指紋採取してくれればどこでもいいということなのでダウンタウンにある店に行きました。

全然混んでいないどころかスタッフもおらず、”Back in 15 minutes.”の張り紙があるのみ…。若干不安でしたがちゃんとすぐ戻ってきて、指紋採取もスムーズに終わりました。値段は47.25ドル。警察署のホームページを見ると75ドルと記載があるので、30ドル近く安いですね。領事館の方は指紋採取してくれる店は近くに3件ほどあると言っていたので、もしかしたら他にもっと安いところもあるかもしれません。

領事館に戻って指紋と申請書を提出して終了。受け取りには2〜3ヶ月かかり、一度申請すると1年間は再申請ができないと言われました。日本で申請するともっと安く数週間で受け取れるようなので、タイミングが合えば日本で取得してもいいかもしれません。(ただ移民局の記載はないものの、有効期限が3ヶ月とか6ヶ月とか諸説あります)

証明写真

証明写真は移民局の指定に沿っていればどこでもいいようで、ドラッグストアや写真屋で撮ってる人が多い印象。ちょうど彼がコストコの会員登録をしに行くというので、ついでに『Costco Photo Centre』で撮ってきました。2枚で7.83ドル。

まとめ

  • 戸籍謄本・改正原戸籍謄本 450円・750円
  • 上記の翻訳と証明書 12,000円 
  • 出生証明 14ドル
  • 警察証明 47.25ドル
  • 証明写真 7.83ドル

とりあえず現状、必要書類を集めただけで合計250ドル弱かかってます。ここから諸々印刷したり、健康診断受けたり、もちろんビザの申請費(1,040ドル)もかかるので、2,000ドル弱くらいになるんでしょうね…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です