2019-02-23

分単位レンタル&乗り捨て可能のカーシェアサービス『car2go』

バンクーバー市内でよく見かける『car2go』は分単位で借りて乗り捨て可能なカーシェアリング。使ってみたら登録も利用もとても簡単だったの紹介します。

car2goとは

『car2go』は2008年にドイツの自動車メーカーが始めたカーシェアリングサービス。現在欧米諸国をはじめ9ヵ国で利用できます。通常のレンタカーとは3つの点で異なるのが特徴。

  1. オンラインで近くの車を予約
  2. 無料駐車区域に乗り捨て可能
  3. 保険料・ガス代込み!

ちょっと乗りたいときに乗りたいところまで使える便利なサービス。代金は二人乗り0.32ドル/分で、1時間13ドル、3時間35ドル、6時間49ドル、1日69ドル、2日129ドルの長時間レンタルも選べます。値段は少し上がりますが四人乗りメルセデスベンツもあります。

必要書類

  • 日本の免許証もしくは国際免許証
  • Driving Record(運転免許経歴証明書)
  • Clean Accident and Offense Record Certificate(無事故・無違反証明書)

証明書はいずれも英語版を用意する必要があります。運転する予定であれば日本にいる間に国内の自動車安全運転センターで発行してもらった方がいいです。(私は母に頼んで送ってもらいました。)

国際免許証を持っていればDriving Recordだけでも良さそうでしたが、念のため二つとも取り寄せました。

登録方法

最初に5ドルの登録料がかかりますが、紹介で登録料無料+30日間使える10ドルのクレジットが貰えます。(気になる方いればプロモーションコードをお伝えするのでコメントください)

car2goのページもしくはアプリをダウンロードし、「Join now」から登録を進めます。簡単なので10分もあればできます。支払い方法がデビットかクレジットって言ってるのにデビットは受け付けないよ!とかいう意味のわからない仕様になってるので、クレカを登録した方が無難です。

書類をメール送付

上記の書類をMemberServicesCAN☆car2go.com(☆→@)宛に送ります。もちろんスキャンしてもいいですが写メでも大丈夫でした。car2goから最初の返答までに一週間、保険会社の返答までにさらに一週間と、最初の登録から書類取り寄せ期間も含めてひと月半かかりました。長い。

乗車方法

アプリを開くとリアルタイムで利用できる車がわかるので一番近くの車を探します。「RESERVE」を押したら予約完了。分単位でなく1時間や3時間などのパッケージにしたければ「Select car2go package」から変更できます。

予約から30分以内に乗車します。車を見つけたら「START」をタップ。この作業のみデータ通信が必要になるので、データ契約のない人は注意してください。(私は運転する日だけSIMカード入れ替えてます)

アプリに設定した4桁のPINと、続けて運転席側のフロントガラス付近に表示される3桁の数字を入力したら車のロックが解除されます。

降車方法

車のキーを車内の元あった場所に戻し、ドアを閉めたら自動的にレンタル終了。逆に続けて使いたい場合、キーを持って外に出れば車はキープされたままになります。

まとめ

日本では完全なペーパードライバーでしたが、バンクーバーはダウンタウンを出るなら運転できた方が便利かなと思い久しぶりの運転。二人乗りは小回りがきくので私でも運転しやすかったです。でもまだ右側車線に慣れないので、目下練習中です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です