2019-05-16

カナダのプリペイドSIM『SpeakOut』で携帯代もミニマムに

月々の支出を見直すなら固定費、中でも通信費は見過ごせません。プリペイドSIM導入で月47ドルだった携帯代を5ドル以下に抑えることができました。今日は愛用のプリペイド式SIMとその設定方法まで詳しく紹介します。

プリペイドSIMとは

プリペイドSIMとは、チャージ金額に応じて使用できる容量や期間が決まっている使い切り型のSIMカードです。通常のSIMは毎月決まった金額を払って継続的に利用しますが、プリペイドSIMは必要な分だけ都度購入できます。先払い式なので使いすぎを防げ、逆にあまり使わない人は無駄なお金を払う必要がありません。

SpeakOut(スピークアウト)とは

SpeakOutとは、セブンイレブンが提供する格安SIMスマホサービスです。カナダの大手キャリアRogersの回線を利用したMVNOで、カナダの都市部であれば問題なく使用できます。(通信エリアの確認はこちらから)

プラン内容

  • 電話番号が手に入るMNPも可能
  • チャージ金額は25ドル/35ドル/50ドル/100ドルで一年間有効
  • 電話料金 0.30ドル/分
  • テキストメッセージの受信 無料
  • テキストメッセージの送信 0.15ドル/一通(国内)

購入方法

セブンイレブンの店頭、もしくはオンラインから購入可能です。いずれの場合もチャージ金額を聞かれるので、お好きな金額を購入してください。控えはチャージ金額のアクティベイトに必要なので取っておきます。

定期的に100ドル購入でSIMカード無料(通常10ドル)+25ドル分お得に付いてくるキャンペーンをやってるので、そのタイミングを狙ってもいいかもしれません。あまり使わないなら持て余してしまうかもしれませんが…。

設定方法

1. アカウントを作る

まずはアカウントを作りましょう。個人情報の入力だけなので簡単にできます。

2. SIMカードをアクティベイトする

マイアカウントのオレンジ枠内の「PHONE/SIM」をクリック。必要事項を入力しましょう。

IMEIとはなんぞやといった感じですが、iPhoneであれば「設定」→「一般」→「情報」で見つかります。15桁の数字です。アクティベイトの際はスマホの電源を切るのを忘れずに。電源を入れればSIMのアクティベイト完了です。

3. チャージ引換券をアクティベイトする

マイアカウントのオレンジ枠内の「VOUCHER」をクリック。チャージした際に貰った控えを見て、PINコードを入力しましょう。

マイアカウントのバランス(残高)が更新されていれば成功です。 

MNP方法

1. MNPフォームに入力する

こちらからMNPフォームに飛べます。「TRANSFER MY CELL NUMBER」を選択。(デフォルトで選択されています。)必要事項を入力しましょう。

わかりにくくて入力の際迷ったので、念のため解説いれておきます。

  • SpeakOut Wireless Number・・・SpeakOutで取得した電話番号
  • SpeakOut Wireless PIN・・・SIMアクティベイト時に作った4桁のPIN
  • Cell Number to Transfer・・・MNP後も使いたい電話番号
  • Current Cell Provider・・・現在のプロバイダー(Bell、Rogersなど)
  • Current Cell Account Number・・・契約時に貰った書類を確認
  • Current Cell Account PIN・・・カスタマーセンターに問い合わせ
  • Current Cell Account IMEI・・・SIMアクティベイト時と同様

今回含め二度ほどBellのカスタマーセンターにお世話になったんですが、さすが大手。しっかりした的確な対応でとてもよかったです。解約するのが残念。

2. SIMカードを一旦抜いて再起動する

入力フォーム提出後メッセージが届きます。(私は翌日でした)電源を消してSIMカードを抜き、再び挿して再起動します。電話番号が変わっているのを確認。

3. アカウントページで番号を追加する

再びアカウントページへ。残高が期限切れになってるのにビビりますが、SpeakOutで取得した番号のままになっているので、焦らず電話番号を追加しましょう。紺色の枠内の「ADD YOUR CURRENT NUMBER」をクリック。MNP後の番号を入力しましょう。

完了後、マイアカウントに新しい番号が追加されています。残高も移されていれば古い番号は不要なので消去(Remove)しましょう。

これでSpeakOutでやることは完了です。

4. 元の携帯会社の契約状況を確認する

最後にMNP後に元の携帯会社との契約状況を確認しましょう。私の場合はBellなのでサイトにログインすると、空白が増えていてびっくりしました。4月6日付けて解約されているのが確認できます。

確認できなければカスタマーサービスに連絡しましょう。せっかく安いMVNOに乗り換えたのに二重で支払ってたら意味ないですからね…。

データ通信について(5/6追記)

30日間で100MB/$10のプランに契約してみたので方法をまとめました。

まとめ

SpeakOutは初期投資が40ドルでしたが使用頻度によってだいぶ節約になります。私は普段LINEで連絡し出先でWi-Fiがないときにメッセージを送るだけなので、なんと月平均3ドルです。固定電話に対しては無料通話アプリを使うともっとお得に使えます。

またデータに関してSpeakOutを使うのはあまりお得ではないので、私は別のSIMカードを併用しています。それも近いうち記事にしてご紹介できればと思います。

関連記事

2件のコメント

  1. さよこ様
    時々バンクーバーに行くtakuと申します。
    SpeakOutに関する情報、大変有難うございます。是非、次回バンクーバーに行きました際に使用したいと思いました。
    SpeakOutのデータとMMSに関して、以下のFAQに記載がありました。
    https://www.speakout7eleven.ca/faq/
    一番上の”How do I get data and MMS working on my iPhone?”です。要は、www.unlockit.co.nz に行って、SpeakOut用に適切なAPNを選択して、iPhoneにセッティングせよとの内容かと存じます。
    適宜、お試しいただければ幸いです。

  2. Taku さん
    こんにちは、コメントありがとうございます。(旅行に出ており、返信遅れました。すみません。)
    SpeakOutのデータに関するFAQ、教えていただきありがとうございます!以前はなかったような…問い合わせが多かったんですかね。助かりました!現在一時帰国中なので、カナダに戻り次第試してみたいと思います。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です