2019-02-25

留学とワーホリにかかったお金の話

,

留学カウンセラーに相談すると学費は渡航費は滞在費はと積み重なる支出の数々。留学前は本当にそんなにするの?と疑問に思っていたので、1年間のワーホリを終えて実際の収支を公開します。

予算は200万

留学・ワーホリの資金として準備したのは200万。100万でもいける、300万は必要とここは意見が分かれますが、みんながみんな同じ場所で同じ生活をするわけではないので、自分に近い境遇の人を参考にするといいと思います。私の場合は以下の条件。

  • セブ留学2ヶ月
  • カナダワーホリ1年(うち2ヶ月学校)
  • カナダで働く期間は10ヶ月
  • 旅行は行ける範囲で我慢しない
  • ホームステイは利用せずシェアハウスのみ

渡航前の支払いは86万

留学前はいろいろやること山積みですが、その中でも大きな支出はビザ、航空券、学費、保険でしょうか。私の内訳は下記のとおり。(2016年後半のレート)

  • ビザ:¥27,710
  • 学費:¥560,640
  • 航空券:¥91,728
  • 海外保険(14ヶ月):¥184,560

計864,638円。街に慣れるためにセブ留学のあとカナダでも二ヶ月語学学校に通いましたが、一年のうち二ヶ月って結構大きいのでもったいないことしたなと思います。働き始めると時間の流れがあっという間になります。どうしても学校行きたかったら面倒でも学生ビザを取ってワーホリに切り替えた方がいいです。

渡航後の生活費は167万

内訳は下記のとおり。(CAD $1=¥85くらい)

  • 家賃:¥581,341
  • 固定費:¥70,897
  • 食費等:¥596,776
  • 旅行費:¥314,182
  • セブ生活費:¥111,000

計1,674,196円。家賃は月5万程度。固定費に含まれる携帯代はあまり使わなかったのでもったいないことしたなと思います。プリペイドだったらもっと抑えられた。あと私はバンフ行ったりアメリカ行ったりメキシコ行ったりしてるので旅費はそこそこかかりました。せっかく北米にいるんだから日本からじゃなかなか行けないところに行った方がいい。(と言われました)

ワーホリの稼ぎは120万

スタバで10ヶ月、平均週30時間働いて収入は120万。スタバはカナダでも最低賃金に近くチップもほとんど出ないので稼ぎたい人にはおすすめしません。毎週コーヒー豆が無料で貰えたり、ドリンク飲み放題だったり、割引があったりとスタバ好きにはたまりませんが。稼ぎたかったらジャパレスの方がいいです。

残高は・・・

ここまでの金額をざっとまとめると、

  • 準備金+収入:320万
  • 支出合計:253万

計67万のプラス。実質0円ワーホリという広告を見たことがありますが、旅行をしないかわりのいい仕事につくことができれば十分現実的だと思います。

まとめ

抑えるところは抑えて生活しましたが、もしもう一度ワーホリができるなら今度は「学校は学生ビザで行く」「現地の保険を申し込む」の二点を気をつけたいですね。あと私の場合セブから直接カナダに来たので、旅行保険を14ヶ月分申し込まなきゃいけなかったのも大きかった。一時帰国すればセブとカナダの最初の3ヶ月はクレカの保険でまかなえました。

何かあったときに頼れるのはお金です。資金不足で帰国せざるを得ない人も中にはいるので、できれば余裕を持って準備しましょう。みなさんが有意義なワーホリ生活を送れますように。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です