2019-02-23

5泊6日 ラスベガス旅行

,

一週間ほどラスベガスと少し足を伸ばしてグランドキャニオンまで行ってきました。せっかくなので記録がてらおすすめスポットと注意点を紹介します。

アリゾナ国立公園

フーバーダム

ラスベガスから車で一時間もかからないところにある世界有数のダム。砂漠のど真ん中に位置するラスベガスの水道供給を支える大事な生命線。日本国内のダムを合計しても敵わない貯水量だそう。ダムの駐車場は料金がかかりますが、手前にダム全体を見られる橋があってそこの駐車場は無料で停められます。(写真はその橋から撮ったもの)

グランドキャニオン

アメリカの国立公園といえばグランドキャニオン。広すぎてちょっと遠近感よくわからなくなりそうでした。泊まりで行ったので夕焼けと朝の姿を楽しめましたが、印象全く変わるのでどちらもおすすめ。ただ日が沈むと半端なく寒いので防寒しっかり。

アンテロープキャニオン

最近わりと有名っぽいアンテロープキャニオン。グランドキャニオンで全体見て、アンテロープキャニオンで間近に見てっていう楽しみ方はいいなと思いました。道中結構歩くのと日が出ててもめちゃくちゃ寒いので注意。

ホーシューベンド

アンテロープの近く、馬の蹄(horse・shoe)に似ていることから名付けられた渓谷。自然の神秘を感じます。とーっても気持ちいいところにあるのでぜひ行ってほしい!国立公園内では一番気に入りました。ただ駐車場から結構歩くのでそこだけ難点。

ミュージアム

タイタニック展・ボディ展

意外とミュージアムがたくさんあるラスベガスの中でも人気の二つ。展示一つ35ドルとなかなか高いですが、二つだと45ドルに。ボディ展は人体の構造や臓器の展示なので結構グロいんですが(だいたい本物らしい)好きな人は好きかと。私は好き。健康な肺と肺がんが並んだ横に「こうなりたくなければ今ここでタバコを捨てろ」とゴミ箱が設置されていたのは笑いました。

モブミュージアム

マフィアが作った街ラスベガス。そのルーツやマフィア同士の抗争、ヒットマンについてなど事細かに展示されています。この壁は1929年にマフィア同士の殺戮現場になった場所。他にも死体写真バンバン出るのでグロいというか、エグい。

草間彌生展(期間限定)

たまたま草間彌生展がラスベガスに来ていたので飛び込み。意外と小さかったけど、普通に綺麗で感動しました。

ショー・アトラクション

ベラージオ 噴水ショー

ラスベガスは噴水や滝が多いので砂漠というのを忘れそうになる。特にベラージオの噴水ショーはめちゃめちゃ綺麗でこれ無料でいいの!?というレベルでした。

シルク・ド・ソレイユ『Le Rêve』

シルク・ド・ソレイユは以前『キュリオス』を見たことがあるんですが、そっちがびっくり人間ショーだったのに比べ、こっちはストーリーとエンタメ重視。水を使ったショーなので「びっくり人間+飛び込み+シンクロ」とお得感があります。内容は???となるところも多いんですが、勢いがあるので面白いです。

ハイローラー

観覧車に37ドルってマジかと最初は思ったけど、地上550フィートからの夜景には替えられず。日中はもう少し安いです。タイミングが合えばベラージオの噴水ショーが見られるみたい。見たかった…。(深夜に乗ったので終わってた)

ホテル

ラスベガスのホテルはモチーフが決まっていたりゴージャスだったり、見てるだけで面白いです。私たちは来月ニューヨークに行くのにニューヨークホテルに泊まりました。

ニューヨーク・ニューヨーク
パリス
ベネチアン

レストラン・フード

Il Fornaio

ニューヨークホテル内にあったイタリアン。魚介大好きマンなのでカラマリ(イカフライ)とペスカトーレをいただく。最高オブ最高でした。

CUT by ウルフギャングパック

パラッツォホテル内にある高級ステーキレストラン。サービスもメニューも超一流。フィレは柔らかく、35日熟成のNYサーロインは噛みごたえがすごい。写真奥のガーリック風味のポテトがめちゃめちゃおいしくて、食べ過ぎて体調崩しました。

アール・オブ・サンドウィッチ

出来立てのサンドウィッチが楽しめるお店。ピザトーストがやたらデカいのに安くて美味しいのと、二日酔い&食べ過ぎでフラフラな胃にクラムチャウダーが染みました。

ピザロック

死ぬほど美味しかったピザ…!ダウンタウンにあるのでストリップからは少し遠いけど、モブミュージアムとともにぜひ訪れてほしい。ニューヨークやナポリなど世界各地のピザをその地ごとの製法で調理しているこだわりっぷり。とにかくデカい。でも美味しい。

マルガリータ

ラスベガスを歩いてるととにかく見かけるこのグラス。なんと25oz(≒740ml)!マルガリータ大好きなので買ったものの、飲んでも飲んでも終わらない。グラスはエッフェル塔タイプやセクシーな脚タイプなど、バラエティ豊か。最大100ozまであるみたいです。誰が飲むんだ。

感想

いろんなものが規格外というか全体的にぶっ飛んでて面白かったです。アメリカ国内でも異質なラスベガスという街と壮大な自然を味わった6日間でした。実質国立公園2日+ラスベガス2.5日であと移動という感じでしたが十分でした。参考まで。

またラスベガスの中心は現在ストリップですが、旧中心地であるダウンタウンはストリップに比べて古めかしい雰囲気で安くて美味しいものがたくさん。ラスベガスに住んでるUberの運転手は、「ストリップは高いから家族や友達が来たらダウンタウンに連れてく」と言ってました。私ももし次来るならそうすると思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です